2019年05月19日

2018年PROランキング 【所属馬編】

皆様こんにちは。

ここまでお届けしてきた「LEX PROランキング 〜2018・中央競馬〜」は、
今回でラストとなります。
それでは、2018年を振り返る【所属馬編】をご覧ください。


「勝利数」、「出走数」、「獲得賞金」と3項目に分けて振り返りたいと思います。

まずは「勝利数」部門です。
3位タイで2頭がランクインしました。
500万下、1000万下を連勝したローゼンタール
2017年もG1・2勝の成績でランクインしたゴールドドリームが並びました。
今回もかしわ記念帝王賞とJPN1を2勝。
また先日のかしわ記念も堂々の競馬で制し、連覇を達成しました。
長い期間一線級で活躍する姿には頭が下がる思いです。

そして勝利数部門第1位にはハーレムラインが3勝を挙げトップに輝きました。
未勝利500万下アネモネS(3歳オープン・桜花賞トライアル)と着実にステップアップを果たし、桜花賞、秋華賞にも駒を進めました。

先日の谷川岳ステークス(L・芝1600m)でも見事優勝!
今後もオープンクラスでの躍進を期待します。

2018勝利数ランキング.jpg


続きまして「出走回数」部門です。

3位は9走でエクラミレネールコーラルプリンセスナインテイルズの3頭がランクインしました。
中でもナインテイルズは水無月S(1600万下)を勝利しただけでなく、
アイビスサマーダッシュ(G3)・3着京阪杯(G3)・2着と重賞戦線でも好成績を収めています。
8歳となった今年も淀短距離S(オープン)を制しており、今後の活躍が楽しみでなりません。

2位は10走でグリニッチヴィレジジュブリーユノーモアサイレンスブロンズテーラーユーデモニクスラズールリッキーがランクイン。

そして第1位に輝いたのはシルヴァーコードです。
昨年は12レースに出走し、驀進特別(1000万下)では0.1秒差の2着。
LEX PROの孝行馬として全37戦を走り抜き、今年無事に繁殖入りとなりました。

2018出走数ランキング.jpg


次は「獲得賞金」部門です。
3位には「出走回数」でもランクインしたナインテイルズ
2位に南関東移籍後に重賞4連勝を果たしたリッカルドが入りました。

そして栄えある第1位は今年もゴールドドリーム
昨年同様、総収得金額2億円を獲得しました。今年も3年連続トップの座に就いてもらいたいところです。

2018総収得金額ランキング.jpg


例年は番外編といたしまして、単勝高配当1位の馬をご紹介していましたが、
昨年は6月30日の3歳未勝利戦でウェディングベールが1430円の配当をもたらしたのが最高と、
驚くような穴人気での勝利はありませんでした。
所属馬も全体的に人気を集めるようになってきているようです。


早いもので門別開催が始まり、同競馬に所属している地方募集馬達も
順次デビューに向けて進められています。
中央競馬に所属予定の募集馬達も早期始動を見据えて
続々と本州の育成場に移動しているので、
最新の近況や写真をご覧のうえ、新たな愛馬をご検討いただければ幸いです。

販売馬の一覧はこちらからご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/


posted by staff at 13:51| オーナーズクラブPRO

2019年03月23日

2018年PROランキング 【調教師編】

皆様こんにちは。

さて、前回【騎手編】をお送りした
「LEX PROランキング 〜2018・中央競馬〜」ですが、
今回は【調教師編】をお届けします。

こちらではPRO所属馬での“勝利数を元に”ランキングを作成しました。

昨年は2勝を挙げた調教師が6名もいらっしゃいました。
それでは早速2位タイとしてご紹介いたします。

まずは美浦・栗田徹調教師
ラッシュアウトレアドロップを勝利に導きました。
今年も既に3歳馬のビートマジックを勝ち上がらせており、
PROとの相性は抜群!
これからも同厩舎の所属馬から目が離せません。

続いて美浦・天間昭一調教師
中央に再転入したラヴタクティクスが500万下を、
イッツマイターンは未勝利戦を勝ち上がりました。
2018年度2次募集馬の「No.56フラワータッチの17」にも期待が懸かります。

3人目はゴールドドリームを管理している栗東・平田修調教師です。
昨年は同馬で、かしわ記念(交流・Jpn1)帝王賞(同)を制覇しています。
今年の初戦となったフェブラリーS(G1)では惜しくも2着でしたが、
この後もダート路線で怒涛の末脚を発揮させてもらいたいところです。

4人目は栗東・松永昌博調教師
マネジメント馬のロンスが小倉で勝ち上がり、
夏の函館では同・ラブリロンリロンスが見事新馬勝ちを果たしています。

続きましては美浦・武藤善則調教師です。
ジョイズエターナルが2戦目で勝ち上がっており、
デビューから3戦連続2着の後に初勝利を挙げたアトミックフォース
今年初戦のフリージア賞(3歳500万下)でも快勝しました。
同馬はこの後クラシック路線に駒を進める予定で
今後の活躍が楽しみでなりません。
同厩舎所属予定の「No.2 アズマガールの17」は残り1口となっていますので、
ご検討中の方は早めのお申し込みをお勧めいたします。

2位タイの最後は栗東・森田直行調教師です。
マネジメント馬のローゼンタールが500万下、1000万下と連勝を果たしました。
336キロと小柄なメロディーレーンが鋭い末脚で3着に入線したように、
細やかに管理していただいている様子です。
今年初年度産駒がデビューを迎えるキズナを父に持つ
「No.19ダッチェスドライヴの17」(残り1口)
も活躍させてもらいたいところです。


そして、栄えある第1位は3勝を挙げた美浦・田中清隆調教師でした。
未勝利→500万下→アネモネS(オープン・桜花賞トライアル)と
破竹の3連勝を果たし、
本番の桜花賞にも駒を進めたハーレムラインを管理していただいています。
現3歳のマネジメント馬・リゼも2着2回と勝ち上がりまで僅かのところまで来ており、確かな手腕が光ります。
その実績から、本年度も「No.46ケリーケイズプレジャーの17」の預託をお願いしました。
この後も所属馬を次々と勝たせていってくれることを期待しています。


以上が【調教師編】ランキングでした。


集計結果はこちらです。

2018調教師ランキングx500@.jpg


次回はラストとなる【所属馬編】をお届けいたします。

posted by staff at 10:48| オーナーズクラブPRO

2019年03月02日

2018年PROランキング 【騎手編】

皆様こんにちは。

先週はハイパワードトップが見事な差し切り勝ちを収め、
PRO所属馬は今年早くも中央で10勝目を挙げました。

2月はベルジュネスが待望の初勝利を挙げ、
アトミックフォースはフリージア賞で特別勝ちを果たし、
皐月賞トライアルに向かうことになりました。

そして、フェブラリーSに出走したゴールドドリームは、
6連勝中のインティに僅かに届かず2着。
2年連続の惜敗となりましたが、持ち前の豪脚を発揮して
「負けて強し」のレースぶりを見せてくれました。

さて、当ブログでは今年も「LEX PROランキング 〜2018・中央競馬〜」
と題しまして、【騎手】【管理調教師】【所属馬】
3つのジャンルで振り返っていきます。

第1回目は【騎手編】です。
ここではPRO所属馬での勝利数を集計しランキングにしました。

まずは1勝で4位タイの騎手20名を1人ずつ書いていきたいところですが、
割愛させていただきます。
多くのジョッキーが所属馬の勝利に携わってくれているのが分かります。

それでは2勝を挙げ、2位タイにランクインした2名のジョッキーを発表いたします。

1人目はロンスハイエストクイーン
マネジメント馬2頭を勝利に導いてくれた富田暁騎手です。
昨年はデビューした一昨年よりも勝利数を伸ばしていたので、
今年も所属馬をたくさん勝たせてもらいたいところです。

2人目は昨年JRA新記録となる215勝を挙げ、
騎手史上初の4冠となったルメール騎手
ゴールドドリームの鞍上としてかしわ記念帝王賞の交流JPN1を制覇しました。
同コンビで出走したのは全てG1レースながら、
5戦2勝・2着3回とオール連対を果たしており、
今年もこのコンビの活躍から目が離せません。

そして栄えある第1位は、
これで5年連続のトップとなった大野拓弥騎手
昨年はハーレムラインルーチェソラーレオーロリンチェトリプルレインボーで計6勝を挙げてくれました。
ハーレムラインとのコンビでは3勝し、桜花賞、秋華賞とG1レースにも駒を進めました。
今年も既にビートマジックを勝利に導いており、
6年連続トップに向けて順調な滑り出しを見せています。
所属馬を次々と勝たせていってくれることを期待しています。


以上が【騎手編】ランキングでした。
集計結果はこちらです。

2018騎手ランキングx500.jpg

次回は【調教師編】です。

posted by staff at 18:49| オーナーズクラブPRO

2019年02月07日

2次募集を開始いたしました。

皆様、こんにちは。

先日、北海道事務所より2018年度2次募集馬のカタログ・DVDを発送いたしましたが、もうお手元には届きましたでしょうか。

今回はアメリカ出身の期待の外国産馬と、
地方馬4頭を含む21頭のラインナップとなりました。

過去の2次募集馬からは、

昨年、南関東の重賞4勝の活躍を見せた
リッカルド(1口58万円 総収得金額:2億8000万円超)

今年1月12日の中山新春ジャンプステークス(障害オープン)を優勝した
シークレットパス(1口68万円 総収得金額:1億1400万円超)

中央で3勝を挙げ、南関東のAクラスで活躍している米国産馬
ヤンキーソヴリン(1口198万円 総収得金額:9700万円超)

2歳オープンを勝ち、オークスで7着、秋華賞でも6着に入線した
ブラックオニキス(1口98万円 総収得金額:8900万円超)など、

馬主孝行な馬たちが続々と登場しています。

2次募集はコストパフォーマンスを重視していますが、
先に挙げたように上のクラスで活躍できる素質馬も多数出ておりますので、是非ご注目ください。

また、外国産馬を購入された方には特典もありますので、ご興味がございましたら、弊社PRO営業担当までお気軽にお問い合わせください。

No.41 Combat’s Loveの17
2018_41ha.jpg
身のこなしの良さが光る外国産馬。
PRO所属のG1馬クイーンズリングを育てた栗東・吉村師が選んだ期待の1頭

米国産 牝 父シャックルフォード(Shackleford) 母の父Combat Ready
販売開始価格:1口 218万円 栗東・吉村圭司厩舎予定

No.47 シルキーウィズの17
2018_47ha.jpg
PRO募集馬の姉ウィズアットレースは4200万円超を稼ぐ。本馬にも堅実な走りを期待
牝 父ナカヤマフェスタ 母の父エンドスウィープ
販売開始価格:1口 78万円 美浦・中野栄治厩舎予定

No.54 ファービヨンドの17
2018_54ha.jpg
フリオーソを近親に持つ血統馬。
全兄のパイロジェンが1月14日に勝ち上がっており、出世の可能性は十分

牝 父パイロ 母の父ディープスカイ
販売開始価格:1口 98万円 美浦・高柳瑞樹厩舎予定


他にも、新種牡馬キズナ、リアルインパクト、ワールドエースの産駒や、
実馬の良さから牧場・市場で仕入れてきた
バラエティ豊富なラインナップとなっております。


また、オープンも狙えると見ている地方募集馬4頭も要チェックです。

No.59 アラマサマンボウの17
2018_59ha.jpg
牡 父スターリングローズ 母の父ストラヴィンスキー
販売開始価格:1口 49万円 北海道・松本隆宏厩舎予定


なお、前期申込期間は2月20日(水)までとなっております。
2次募集馬の販売価格はフレックス・プライス制を導入しており、
前期申込期間終了後は残口や馬の状況によって変動いたします。
残口が少なくなると共に価格が上昇する傾向となっておりますので、
販売開始価格でご購入いただける前期申込期間中のお申し込みをお勧めいたします。

皆様からのお申し込みを心よりお待ちしております。


2次募集馬の一覧は下記リンクよりご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale



posted by staff at 18:29| オーナーズクラブPRO

2018年12月24日

小野町レポート〜2歳馬たちの調教風景〜

当ブログをご覧の皆様こんにちは、森 結愛です。

先日前期申込を締め切りました2018年度1次募集に
多数のお申し込みをいただきまして、誠にありがとうございます。

今年度の募集は「フレックス・プライス制度」を導入し、
先着順で受け付けている後期申込期間では、
残口や馬の状況によって販売価格が変動いたします。
例年、残口が少なくなると価格が上昇する傾向となっておりますので、
ご検討中の馬主様には早めのお申し込みをお勧めいたします。


さて、先日は雪が積もり始めた北海道・静内から福島県のノルマンディーファームへ入厩を間近に控える2歳馬や、年明けからの復帰に向け調整中の古馬、休養馬たちの取材に行ってきました(こちらでも雪がチラホラ・・・)。

その中で、今回は2歳馬たちの様子をお届けいたします。

リヴァリーン16_ユウサンポリッシュ16b25.jpg
ユウサンポリッシュの16(手前)、リヴァリーンの16(奥)
リヴァリーンの16(父アグネスデジタル)
コンスタントに乗り込まれて付くべきところに筋肉が付き、逞しい馬体になってきました。
藤沢師には年内の入厩を依頼しており、馬房の都合がつき次第トレセンへ送り出す予定です。

ユウサンポリッシュの16(父ゴールドアリュール)
シェイプアップが図れて動きも素軽くなってきました。実戦を重ねながら良くなっていきそうなタイプなので、これからが楽しみです。


アエノアビリティー16_ビューティブロンド16_フレンチバージン16.jpg
アエノアビリティーの16(先頭)、ビューティブロンドの16(真ん中)、フレンチバージンの16(後)
フレンチバージンの16(父キンシャサノキセキ)
現地で順調に乗り込み中。後躯が大きく前脚の掻き込みも強いので、いかにもダートの短距離向きといった印象を受けます。

アエノアビリティーの16(父エスポワールシチー)
セリ購買当初は400キロ少々と小柄でしたが、今では470キロ前後の立派な馬体に成長しました。大きな伸びしろが感じられ、鞍上からも高評価を受けているので期待しています。

ビューティブロンドの16(父キンシャサノキセキ)
いかにも芝のスピード馬らしいシルエットをしている本馬。見た目だけでなく動きも上々で、坂路では1ハロン13〜14秒を楽に出すなど、なかなかの走りを披露していました。22日に美浦の蛯名利弘厩舎に入厩しており、この後はゲート試験合格を目指して進めていきます。

ビューティブロンド16_全身1.jpg
運動中はキリっとしていますが、

ビューティブロンド16_全身2.jpg
普段は人懐っこく、小野町のスタッフ達からもよく可愛がられているそうです。
オンオフの切り替えができるのも、競走馬として心強いところですね。



後期申込受付中の1歳募集馬たちも是非ご検討いただきたいところですが、
即戦力候補の2歳馬たちもまだおりますので、
どうぞこちらもご注目ください!

2017年度募集(2歳馬)の申込状況はこちらからご覧いただけます↓
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/2017/

2018年度募集(1歳馬)の一覧はこちらからどうぞ↓
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/

posted by staff at 12:46| オーナーズクラブPRO