2018年08月02日

入厩間近!抜群の動きを披露するLeopoldineの16

皆様こんにちは、森 結愛です。
さて、今回は8月中旬の入厩に向けて順調に調整が進められている
No.34 フルオブドリームズ(Leopoldineの16)をご紹介いたします。

レオポルダイン16_20180724ha.jpg

No.34 フルオブドリームズ(Leopoldineの16) 
 父Dream Ahead  母の父Desert Prince  
愛国産 4月4日生まれ 450キロ(7/25計測)
美浦・高木登厩舎予定 1口198万円
カタログ情報はこちら

『小野町の坂路で抜群の動きを披露!
9月の中山・芝1200m戦でデビュー予定』


入厩に向け最終仕上げに入るべく、6月16日に福島県のノルマンディーファーム小野町に移動。ここまで至って順調に進められてきた本馬は、北海道在厩時からいつ尋ねても騎乗スタッフのコメントが良く、現地でも牝馬の中でトップクラスの動きを見せているとのこと。      
バランスがよく上品な馬体をしていますが、走ることにはとても前向きで、その走りっぷりから「順調にいけば初戦から勝ち負けになるはず」とマネージャーの海老原も期待を寄せています。


ノルマンディーファーム小野町・7月24日撮影
           
9月の中山・芝1200m戦でのデビューを目標にしており、8月中旬に美浦トレセンへ送り出す予定です。LEX PROお馴染みの高木登師にはG1馬となったサウンドトゥルースノードラゴンをはじめ、毎年期待馬を預託しています。それだけでも本馬への期待度をおわかりいただけるでしょう。


『父ドリームアヘッドは欧州の芝スプリント王者』

ウォーニング〜ディクタットという短距離チャンピオンの後継馬としてアメリカで生まれたドリームアヘッド は、母も英国の芝短距離G2、G3勝ち馬という良血で、米国キーンランド社のセプテンバーセールにて落札され、その後欧州を拠点とするオーナーの手に渡りました。その高い素質はヨーロッパの芝スプリントの舞台で開花し、大成功を収めました。

2歳のデビュー戦(芝1200m)から9馬身差の圧勝劇を見せつけ、続けてG1を2連勝。同世代には怪物フランケルがおり、初対戦時にはフランケルと人気を分け「100年に1度の大一番」とメディアを騒がせました。距離適性が故に敗北を喫したものの、その実力は2歳時から大きく注目されていました。
3歳夏からは短距離戦に絞り、スプリントG1を4戦3勝。フォレ賞(仏G1・芝1400m)では、G1・14勝の稀代の名牝ゴルディコヴァをアタマ差制す熱戦を繰り広げ、その年のカルティエ賞最優秀スプリンターの栄誉に輝きました。

生涯成績9戦6勝、G1・5勝という功績を残し2012年にスタッドイン。2世代目の産駒からジャック・ル・マロワ賞(仏G1・芝1600m)勝ち馬のアウルケールを送り出しており、数少ないゴドルフィンアラビアン系の後継者として、その天才的スピードの継承が期待されています。


〜ゴドルフィンアラビアン系とは〜
全てのサラブレッドは父系を遡るとダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアン、バイアリータークの3頭のいずれかに辿り着きます。その割合は世界21ヶ国の競馬界において※()内は日本での割合、ダーレーアラビアン系が97.8%(99.9%)と大部分を占め、ゴドルフィンアラビアン系1.8%(0.014%)、バイアリーターク系0.4%(0.029%)と後者二系統はとても希少な血となっています。
ゴドルフィンアラビアン系においては、日本の代表馬に共にウォーニング産駒のカルストンライトオ(スプリンターズS優勝)、サニングデール(高松宮記念優勝)がおり、短距離馬の活躍が目立っています。本馬の父ドリームアヘッドはこの系統の最有力後継種牡馬です。


『母はG3・2着馬。ブラックタイプにスプリント重賞活躍馬多数のスピード血統』

母レオポルダインは、英G3・芝1400mで2着となった実力馬です。牝系を辿ると京王杯2歳S・G2勝ちのボールライトニング小倉2歳S・G3勝ちのデグラーティア、驀進特別(1000万下・芝1000m)を勝利しているヒーラがいるように、生粋のスプリント血統であり、日本競馬への親和性も証明済みです。
本馬フルオブドリームズはノーザンダンサー系の芝スピード型であるグリーンデザートのクロス〜デザートプリンスが入っていることで、より日本の高速馬場に適応できそうなスピードとパワーを兼ね備えたタイプに出ました。   

遠くイギリスの地で出会ったアイルランド産の本馬。異郷の地で活躍した父のように、本馬もここ日本で真価を発揮させたいところです。いっぱいのNo.34フルオブドリームズ(Leopoldineの16)、是非この機会に新たな愛馬の候補としてご検討ください。

お申し込み、お問い合わせは営業担当者までお気軽にご連絡ください
最新の申込状況は、こちらからご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/


posted by staff at 13:13| オーナーズクラブPRO

2018年07月08日

ゴールドドリームが帝王賞を制覇!

皆様こんにちは。小野町スタッフの櫻井です。

6月27日(水)に大井競馬場で行われた帝王賞(Jpn1)に出走したゴールドドリームがかしわ記念に続き、連勝で4つ目のG1タイトルを手にしました。
同馬の共有オーナー、関係者の皆様、誠におめでとうございます。

当日は真夏を思わせる猛烈な暑さとなり、馬場は砂塵が舞い上がるパサパサの良馬場。そんな条件の中、レースは大混戦の一戦となりました。

レースには、同コースで昨年のJBCクラシックを制したサウンドトゥルー
そして、前走で大井記念を制したリッカルドも参戦。
いずれも上位人気に推され、PRO所属馬の3頭出しとなりました。

IMG_8413.jpg

IMG_8397.jpg

IMG_8349.jpg

道中はゴールドドリームリッカルドが中団を追走。サウンドトゥルーは後方待機で末脚勝負の形に。直線でインを突いたゴールドドリームが、粘るケイティブレイブとの壮絶な叩き合いを制し、見事勝利を手にしました。

ゴールドドリーム(帝王賞) (7)small.jpg

戦前には鬼門と思えた大井コースと2000mの距離を克服し、さらに進化した姿を見せてくれたゴールドドリーム。この後の走りが楽しみでなりません。

ゴールドドリーム(帝王賞) (11)small.jpg

また、今回は破れたものの衰え知らずの末脚で3着となったサウンドトゥルー
中央の強豪を抑えて地方馬最先着の4着と好走したリッカルドと、
出走したPRO所属馬が全て掲示板に載る好結果となりました。

なお、前日の26日には金沢競馬場で藤田菜七子騎手を背にゴーフォワードが金沢城賞(交流・中央500万下)を優勝。
その翌日にはターキッシュバンが門別・フェルカド特別(交流・中央未勝利)で待望の初勝利を手にすると、30日にアットザヘルムが大井・マーメイド賞(B3・二組)で5つめの勝ち星を挙げました。
先週の中央開催でも、3歳馬のトリプルレインボーウェディングベールが福島開催で惜敗続きにピリオドを打ち、2歳のラブリロンリロンスは函館で新馬勝ちを納め、全国各地の競馬場でPRO所属馬の優勝ラッシュとなりました。


ターキッシュバン4small.jpg
ターキッシュバン7small.jpg

先日より2017年度3次募集(2歳)を開始し、
7月17日まで前期申込(購買実績順)を受け付けています。
既に多くのお問い合わせをいただいておりますので、
ご検討中の馬主様は前期申込期間中のお申し込みをお勧めいたします

勢いのあるLEX PROに是非ご注目ください。


2017年度募集馬の申込状況はこちらからどうぞ↓
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/




posted by staff at 23:01| オーナーズクラブPRO

2018年06月11日

ニューフェイスをご紹介!

当ブログをご覧の皆様こんにちは、森 結愛です。

ダービーが終わり、来年のダービーへ向けて2歳戦が始まりました。
PRO所属の2歳馬は先週の門別でオーソーラヴリーが初勝利を挙げてくれましたが、中央所属馬達はいよいよ今週初陣を迎える予定です。
果たしてどんなレースを見せてくれるでしょうか。

さて、4月から5月にかけて国内で3つの2歳トレーニングセールが開催され、LEX PROでは、今年JRAブリーズアップセール、千葉サラブレッドセール、HBAトレーニングセールのそれぞれの市場で2歳馬を購買することができました。

201805千葉セリ風景_DSC00012_small.jpg
(セール会場では「千葉サラブレッドセールの○○産駒にハズレなし!!」
という名言が飛び交っていました。)


私も各セールに参加し、5月15日には早速ノルマンディーファーム小野町に入場した購買馬たちの様子を見に行ってきました。今回はそのニューフェイス達の一部をご紹介させていただきたいと思います。


バンダムメッシの16
バンダムメッシ16ha.jpg
 父ヘニーヒューズ 母の父フレンチデピュティ

ブリーズアップセール購買馬。母の父フレンチデピュティによく似た、アゴっ張りの良い横顔をしています。


ブライティアアップの16
ブライティアアップ16ha.jpg

ブライティアアップ16坂路_IMG_5092_cut.jpg
 父エイシンフラッシュ 母の父Singspiel

千葉サラブレッドセール購買馬。
この日(5月15日)が初馬場入り。
とても軽やかな脚取りで登坂していきました。


他にもHBAトレーニングセールにて購買した馬や、
成長著しい育成馬など計8頭を
2017年度3次募集馬として販売することが決定いたしました。
カタログ・DVDは鋭意製作中で、6月末に発送できる見込みとなっておりますので、どうぞご期待ください。

なお、ブライティアアップの16につきましては、
早期デビュー予定のため、会員様限定先行販売を行っております。
詳細につきましては、先月末発送のご案内に記載しておりますので、ぜひご一読ください。

本馬の販売馬ページはこちら
http://www.lex-inc.com/2017_53.htm


また、現在販売中の1次・2次募集馬につきましても、お問い合わせやお申し込みが増え、次々に満口となっておりますので、
ご検討中の馬主様は、早めのお申し込みをお勧めいたします。

2017年度募集馬の申込状況はこちらからどうぞ↓
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/

posted by staff at 19:30| オーナーズクラブPRO

2018年06月02日

リッカルドが大井記念を制覇!

皆様こんにちは。小野町スタッフの櫻井です。

23日(水)に大井競馬場で行われた大井記念(S1)に出走したリッカルド
重賞4連勝でS1タイトルを手にしました。
同馬の共有オーナー、関係者の皆様、誠におめでとうございます。

当日は応援のために現地に臨場させていただきましたが、
今年からS1に格上げされたことで、雨の降る平日にも関わらず大勢のファンの方々が来場しており、競馬場は熱気に溢れ、大いに盛り上がっていました。

IMG_6350.jpg

IMG_6385.jpg

レースには昨年のNARグランプリを受賞したヒガシウィルウィンも参戦。
雨により脚抜きのいい良馬場になったことで、スタミナとスピードの総合力が問われる、まさに南関東のチャンピオンホースを決めるに相応しい一戦となりました。

リッカルドはいつも通りの好スタートを決めると、道中は先団を追走。
他馬からもマークを受けていましたが、見事なコーナーワークで振り切り、
抜群の手応えで追い出されると一気に前の馬を交わし、後は突き放す一方。
3馬身差の圧勝となりました。

レース後、手綱を取った矢野貴之騎手は、
「前走に続いての2000mでしたが、すぐに折り合いがついたように本当に頭が良い馬ですね。今日も完勝でした。」
と改めてパートナーの強さに信頼を深めた様子でした。

管理する佐藤裕太師も、念願のS1初制覇に感慨深い表情で
「自信を持って送り出しました。道中揉まれる形になりましたが、4コーナーで外に出せたので、大丈夫だと思いました。本当に強い競馬でしたね。」
と、喜びを噛み締めていたのが印象的でした。

実は5月23日はリッカルドの誕生日で、自らのバースデーに華を添えた形になりました。

中央競馬所属時は、オープン入りの勢いに乗ってエルムステークス(G3)を制した上がり馬でしたが、新天地で再び息を吹き返して快進撃。そして迎えたS1の大舞台で、直線堂々と先頭に立つリッカルドの姿は、本当に身が震えるほど感動的でした。

次走はまだ検討中ですが、名実ともに南関東のNo.1ホースとなったリッカルドが、さらなる高みに立ち、その名の通り力強い支配者であり続けてほしいとスタッフ一同願っています。

現在残口のある販売馬の中にも、将来の重賞馬が潜んでいるかもしれませんので、是非ご注目ください。

2017年度販売馬一覧はこちらからご覧いただけます↓
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/



posted by staff at 18:50| オーナーズクラブPRO

2018年05月27日

No.35 Steel Courageの16調教動画

今回は、会員様に先日チラシをお送りした高い将来性が感じられる注目馬
No.35 Steel Courageの16 
をご紹介します。

スティールカリッジ16_20180512ha.jpg


 父Shanghai Bobby 母の父El Corredor 5月23日生まれ
栗東・高柳大輔厩舎予定 1口198万円 残口中

牝馬ながら500キロを超える立派な馬体を有しており、力強くダイナミックな走りからはスケールの大きさが感じられます。

鞍上からは、「今でも十分に動けているので、これからもっと筋肉が付いてきたら、どれだけ走ってくるか楽しみで仕方ありません。」と期待大のコメント。

坂路コースで1ハロン13秒台の調教も難なくこなしているように、ここまで至って順調に乗り込まれています。近々入厩に向けて仕上げに入り、芝でもダートでも速い時計の出る10月の京都開催でのデビューを目標に進めていく予定です。


なお、本馬(2次募集馬)の販売価格はフレックス・プライスとなっており、残口や馬の状況によって価格が変動いたします。
ご検討中の馬主様は、早めのお申し込みをお勧めいたします。

2017年度募集馬の近況はこちらからどうぞ↓
http://www.lex-inc.com/main/pro/saleinfo/condition.php


posted by staff at 18:45| 調教動画