2017年11月20日

マネジメント馬・サウンドトゥルーがJBCクラシックを制覇!

皆様こんにちは、亀尾です。
11月3日(金・祝)に大井競馬場で行われたJBCクラシック(Jpn1)
マネジメント馬・サウンドトゥルーが出走し、見事優勝を果たしました。

JBCクラシック (1).jpg

道中は先団を見ながら後方で脚を溜めると、
3コーナーの入り口からじわじわと進出を開始。
直線では大外から豪快に差し切って、3つ目となるG1タイトルを手にしました。
会心の騎乗を見せた大野騎手は
「一叩きして状態が良かったので、自信を持ってこの馬の競馬に徹しました。
期待通りに良い脚を使ってくれましたね。」
と満面の笑顔で語ってくれました。

この日はノルマンディーファーム小野町のレックススタッフも
現地で声援を送りましたが、ゴール前では思わず声を張り上げてしまうほど、
関係者一同大興奮の夜となりました。

JBCクラシック (8).jpg

この後は12月3日の中京・チャンピオンズC(G1)に
ディフェンディングチャンピオンとして臨む予定です。


また、11日(土)には
ウィズアットレースが好スタートから鮮やかに逃げ切り、
実に3年ぶりとなる勝利を挙げると、
翌12日(日)の新馬戦に出走した2016年度募集馬のエトナ
2番手追走からゴール前で3頭の激しい追い比べをクビ差制してデビュー勝ちを収めました。
更なる成長が見込まれる状態での勝ち上がりということで、先々への期待が高まります。


さて、まもなく2017年度1次募集を開始いたします。
キングカメハメハやダイワメジャー、オルフェーヴルといった人気種牡馬の産駒や
G1・重賞馬の近親、PRO所属として活躍した母の仔など
多彩なラインナップとなりました。
未来のスターホースとなり得る逸材が揃っていますので、
新たな愛馬として是非ご検討ください。

1次募集馬の一覧はこちらからご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/2017
※ラインナップは変更になる可能性がございます。


posted by staff at 12:16| オーナーズクラブPRO

2017年11月07日

〜 ノルマンディーファーム小野町スタッフからのReport 〜

皆様こんにちは、亀尾健太です。
今回はノルマンディーファーム小野町での調教に励む2歳馬たちを紹介いたします。

まずは入厩を目前に控えるクレバードリームの15

クレバードリーム_後運動_IMG_7573_cut.jpg

日々ハードな調教に取り組みながらもしっかりと飼葉を食べられていることで、こちらに来た当初よりも身体が一回り以上大きくなり、逞しさも出てきました。
『現在は坂路で週に2回、1ハロン13〜15秒の調教を行っていますが、現状のペースでは物足りないと言わんばかりにグイグイとハミを取って、全身を目一杯に使ったダイナミックな走りを見せています。』(育成担当の責任者)
同じスクリーンヒーロー産駒で、母系に同じくGreen Desertの血を持つマイネルパラディが10月29日に芝1400m戦で3勝目を挙げたことから、本馬にも芝の短距離戦線での活躍を期待しています。


続いてドリームシフトの15

ドリームシフト_坂路_IMG_7234_cut.jpg

10月13日に到着後は環境にもすぐに慣れて、16日に騎乗運動を開始。軽快なフットワークで馬場を真っ直ぐに駆けており、動きの良さが目立つ1頭です。
騎乗担当者も『左右のバランスが良く、脚の運びもスムースで、すごく乗り味の良い馬ですね。これから乗り込んでいけば、馬体に厚みが出てさらに力強くなってくると思います。今後の成長がとても楽しみです。』と期待を膨らませている様子でした。


最後にHallnorの15

ホールナー_坂路_IMG_7350_cut.jpg

10月5日に乗り出してからも至って順調に進められており、現在は周回コース1周と坂路2本のメニューを行っています。
自分も跨っている本馬ですが、前進気勢が旺盛なタイプで、いかにもアメリカンな血統らしくパワフルで豪快な走りをする馬です。併せ馬をすると耳を絞って威嚇するなど、負けん気の強さも見せ始めています。体形や走り方からもダートの短距離からマイルが合いそうです。
身体が絞れるにつれてハミへの手応えがドンドン増していくので、仕上がった時を考えると今から怖いくらいな逸材だと思います。


クレバードリームの15残り1口ドリームシフトの15Hallnorの15は残口が僅かとなっております。
即戦力候補の各馬に是非ご注目ください。

販売馬の一覧はこちらからご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/



posted by staff at 13:37| オーナーズクラブPRO

2017年10月26日

2017年度1次募集のラインナップを公開いたしました

皆様こんにちは。
さて、今回は11月末頃にご案内予定の
2017年度1次募集馬のラインナップを一部ご紹介させていただきたいと思います。

1次募集馬からは、
クイーンズリングゴールドドリームスノードラゴンといったG1ホースや、ライジングリーズンローズプリンスダムなどの重賞勝ち馬が続々と登場しています。

今年は全32頭と過去最多頭数での募集を予定しており、
例年以上の豪華なラインナップとなっています。

それでは、募集馬を簡単にご紹介いたします。


キャンディネバダの16
キャンディネバタ16ha.jpg
社台ファーム提供馬  牝 父ヴィクトワールピサ 母の父Pure Prize
母はアルゼンチンのG1勝ち馬
弟(父ディープインパクト)は今年のセレクトセール当歳セッションにて1億4000万円で落札される。期待の超良血馬



サウスティーダの16 
サウスティーダ16ha.jpg
岡田スタッド提供馬  牝 父キングカメハメハ 母の父アドマイヤベガ
今年もダービー馬レイデオロを送り出したキングカメハメハの産駒。見栄えのする好馬体は牧場からも高評価を受ける


ツクバオトメの16 
ツクバオトメ16ha.jpg
弊社購買馬  牡 父ロージズインメイ 母の父ネオユニヴァース
同じ父を持つローズプリンスダムに似た強い闘争心の持ち主。同馬に続く活躍を期待!


モンヴェールの16 
モンヴェール16ha.jpg
ノーザンファーム提供馬  牝 父オルフェーヴル 母の父フレンチデピュティ
G1馬ゴールドドリームの妹。父の初年度産駒であるロックディスタウンが札幌2歳ステークスを制し、早くも重賞勝ちを果たす


この他にも外国産馬を含め、多数の良駒が顔を揃えております。
各馬の詳細情報につきましては、弊社ホームページより順次公開してまいりますので、新たな愛馬として是非ご検討ください。

1次募集馬のラインナップはこちらからご覧いただけます。
http://www.lex-inc.com/xlexarea/data/pro_sale/2017
※ラインナップは変更になる可能性がございます。


posted by staff at 18:44| オーナーズクラブPRO

2017年09月29日

リメンブランス(グランマモーゼスの15)が栗東に入厩

皆様こんにちは、加藤 秀聡です。
今回は、9月28日に栗東の斉藤崇史厩舎へ入厩した
「リメンブランス(グランマモーゼスの15)」
をご紹介したいと思います。

本馬を生産した錦岡牧場は、GT3勝馬のヤマニンゼファーをはじめ
数々の重賞勝ち馬を輩出した歴史ある牧場です。
同牧場の提供馬からは、神戸新聞杯(GU)を制したイコピコ
6勝を挙げ総収得金額1億6000万円超を稼いだハノハノ
が登場しており、現役の所属馬たちも安定して勝ち上がっています。
 
母グランマモーゼスは桜花賞2着馬ブルーリッジリバーの娘で、
ダイワメジャー、ダイワスカーレット、ヴァーミリアンなどを送り出した
スカーレット一族の血を引く良血馬です。
9月24日の中山・芝2000mの新馬戦で、ダイワスカーレットの子である
ダイワメモリーが豪快な差し切りでデビュー戦を勝利で飾ったように、
今もなお枝葉を広げる活力ある血統です。

本馬は北海道のCRステーブルで順調に調整され、
募集時と比べて見違えるほどパワーアップをしています。
自ら調教に跨っていた育成場の責任者は
「ここにきて体に厚みが出てきて、見栄えがするようになってきました。
余裕たっぷりで登坂していましたし、やればやるだけ動くので、
スピード調教でも手綱は引っ張り通しでした。今2歳馬は4頭在厩していますが、
どれと併せても負けたことがないのでデビューが楽しみです。」

と大きな期待を寄せている様子でした。

父キャプテントゥーレは2歳時の坂路調教で4ハロン49.8秒というタイムを出し、
皐月賞(GT)デイリー杯2歳S(GU)など重賞4勝を挙げました。

本馬がトレセンの坂路で追い切った際にどのようなタイムを出すか、
そして父に迫るような走りを見せてくれるか楽しみです。

2016_44ha.jpg
2017.07.01撮影グランマモーゼス15_9月撮影.jpg
2017.09.24撮影

栗東・斉藤崇史厩舎 1口:100万円 残口少
近親:ブレイヴリー(叔父)4勝馬
オヒアレフア(姉)1勝、500万下入着3回

立ち写真を見比べてみても、この中間の馬体の成長がハッキリと見てとれます。
残口が少なくなってきておりますので、
ご検討中の方はお早めに営業担当までお問い合わせ下さい。

リメンブランス(グランマモーゼスの15)の詳細情報はこちら
http://www.lex-inc.com/main/pro/condition/detail/index.php?proid=564&rflg=0



posted by staff at 14:41| オーナーズクラブPRO

2017年09月03日

夏競馬から秋競馬へ

皆様こんにちは、森です。
夏競馬が終わり、暦の上でも秋となりましたが、
PRO所属馬は変わらぬ活躍を見せています。

さて、先週8月26日(土)の札幌10R・2017ワールドオールスタージョッキーズ第1戦(芝1200m)福永騎手を鞍上に迎えた米国産馬パラダイスガーデンが鋭い末脚を繰り出して見事優勝!
20170826_パラダイスガーデンha.jpg

近走は最速の上がりの脚で追い込みながらも僅かに届かないレースが続いていた本馬。
準オープンに昇級しても、持ち前の切れ味で好レースを見せてほしいところです。


また、翌日27日(日)の新潟4R・3歳未勝利では
エターナルフレイムが直線で力強い伸び脚を見せて待望の初勝利を挙げました。
小野町でのリフレッシュの効果と距離短縮でガラリ一変の強いレースを見せてくれました。


そして今週、昨日2日(土)の新潟12R・3歳上500万下では、
エクスシアグランアラミスワンツーを決めてくれました。
両馬ともこれまで500万条件では安定したレースを見せていましたが、
新潟へ輸送がありながら中5日で体重を減らさずに出走し、1、2着とは驚きました。
うまく調整してくださった厩舎スタッフに感謝いたします。


今週からはいよいよ秋競馬が始まりますが、
9日の中山・紫苑ステークス(G3・秋華賞トライアル)には
ライジングリーズンブラックオニキスシーズララバイの3頭が、
10日の阪神・セントウルステークス(G2)には
スノードラゴンが出走を予定しています。
G1へ向けての重賞戦線での活躍にも期待したいところです。


また、9月16日の中山・ダート1200m戦でのデビューを予定している
英国産馬レファレンスブック(Read Federicaの15)
申込締切が9月5日(火)に迫っております。
本馬は冒頭で紹介したパラダイスガーデンのように切れ味を武器に
スプリント戦線で活躍してくれるのではないかと期待している1頭です。

残口は残り1口となっておりますので、
ご検討中の馬主様はお早めのお申し込みをお勧めいたします。

レファレンスブック(Read Federicaの15)
の詳細ページはこちらです。
http://www.lex-inc.com/main/pro/condition/detail/index.php?proid=546&rflg=0 



posted by staff at 18:50| オーナーズクラブPRO